« 花菖蒲 | トップページ | 紫菖蒲 »

人前力

今日、NHKの「となりの子育て」という番組をみました。

テーマは「育てよう! 子どもが人前で話す力」・・・・略して「人前力」(ひとまえりょく)

 これまでの日本には“察する”という言葉があるとおり、人前で自分の考えを積極的に話す雰囲気はありませんでした。国際化が進む中、子どもたちには 今、人前で自分の考えを堂々と話す力が必要とされています。 

 でも発表できない、しても上手に言葉にできないという子供は多く、番組ではどのような方法をとればいいか ということを紹介していました。

 そこでやっていたのは ある学校の2つの取組みの紹介。

1)話す場を設ける
学校では朝礼での挨拶など人前で「話す機会」を作るそうです。子どもに、なるべく自分の言葉で自分で体系を作って話をさせる。人前で話す力は性格ではなく、訓練で伸びるものだそうです

2)話形を身につける
学校では「私は~と思います。なぜなら~だからです」といった、わかりやすく話すための型「話形」を教えているそうです。「そもそも」「~から見れば」「~を実現するためには」といった型を使って話す訓練をすることで、技術の取得が得られるそうです。

 また、子どもは親の話し方をまねするので 親も常々そういったしゃべり方をするとよいとのことでした。・・・・・・そんな言葉つかったことなかった(苦笑)

 

 そもそも、親の基本ができていないというのが子供が人前で話せない原因なのでしょう。私も 「人前ではなすこと」「わかりやすく体系だてて話すこと」がとても苦手です。

 最終的には 少人数でも、多くの人の前でも「相手にわかりやすく」「落ち着いて」「自分の意見を伝えられるようになりたい」。

 そう思った 番組視聴でした。・・・たまにはテレビもいいものやってるもんですね~。

2009_0530_122618img_0285_8  

« 花菖蒲 | トップページ | 紫菖蒲 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花菖蒲 | トップページ | 紫菖蒲 »