« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

おばあちゃん

今日は映画のあと、実家のおばあちゃんのお見舞いにいってきました。

おばあちゃんの化学療法治療はこれで4回目。

高齢だけに、進行も遅いらしく、おかげさまで 元気な姿でした。

今日は 1週間ぶりのお見舞いで、呉羽なしのおみやげ持参

1時間ベットサイドで

こっとりと おばあちゃんの話を聞きました。

おばあちゃんは「あんたに会って話したかったが。ずっと会いたかったが」

と手を握っていってくれました。

土曜日は看護婦さんも少なく、お見舞いもなく病院は静かでさびしかったようです

おばあちゃんは、政治のこと、金融のこと、時代が変わったときのこと、自分がどうしてきたかということ。時間をかけて話てくれました。

自分が若いころ器量が悪かった分 つらい思い、さみしい思いもよくしたが、その分、時代の流れを学び、よく自分で考え、行動したおばあちゃん。

前に、おばあちゃんに「何か欲しいものある?」と聞くと「年寄りが欲しいがは あたたかい言葉と思いやりや」と言っていました。

おばあちゃんたちが生きてきたことを聞き、活かし、伝える それが私にできること、私の役目だと思う 今日この頃です。

おばあちゃん大好き。また元気になって ドライブし好きな所へ連れて行ってあげたいです。

Img_0469

| コメント (4)

お寿司

今日は 久々に家族7人全員そろって お寿司を食べに・・・・・。

価格で人気のK店は30分まちだったので、ランクを変えてS店に。

混んでいても 最近では携帯予約できるので とてもべんリ。19時台だったこともあり店内は満席でした。

パパが注文した15貫盛、ハイエナのような女性陣が食べつくし、お皿がパパとじいちゃんチームに渡るころには ショウガだけに・・・・・。

たまには 女性陣もおいしいもの食べないとね~。

満足でした~(嬉)

Img_0747

| コメント (4)

F1カー

夏休みにいった「モノづくり博覧会」で 実車の展示、体験試乗がありました。この車、車体やタイヤがごっついですね~。

車のまわりには簡単なロープの柵があったのですが、たくさんの子供たちが 窓ガラスやドアを触ったりするたびに、係の人が顔色を変えて 飛んできて注意していました。

実際に走行すると どんな迫力なんでしょうね。

Img_0597

| コメント (4)

ホッタラケの島

夏休み最後ということで、映画「ホッタラケの島」を見てきました。

ホッタラケの島・・・・この名のとおり、人間がホッタラカシにしたものを集めた島があり、

主人公が亡き母からもらった大切な手鏡をそこへ取り戻しに行く というCG映画

これ、期待以上に 良かったです!期待値40% 満足度140%

ちょっと点数をつけすぎかもしれませんが、何の前知識もなく見て、

ストーリー、キャラクター、興奮と感動 ・・・ 大・大・大満足でした

この映画では 「人が1番ホッタラケにしているものって、実は思い出とか、家族とか…

「足元」なのではないか。ということを伝えています。

この夏みた映画 剣岳、HATI,ホッタラケの島・・・・

また見たいです。

Img_0745

| コメント (4)

子供の苦手な薬の飲ませ方

先週、プール通いに精をだしていた ミキが 中耳炎になりました。

医者で薬を処方してもらったのはいいのですが、いただいたのが

・・・・・ガーン 粉薬 (お医者さんに伝え忘れた!)

ミキは薬が 大の苦手。嫌がるミキにむりやり飲ませると せっかくの薬と水がすべてパー。服の前が 吐いた薬と水で よだれかけ状態(ゲッ)

アイスにいれても、甘いジュースにいれても 全部ダメ。

薬を嫌がらずに飲める友達の子供がどんなにうらやましく感じたことか・・・。

そこで お医者さんと話し合い、試したのがコレ、

「カバさんごっくん作戦」

子供って 苦さももちろんだけど、案外「匂い」がだめ なんですって

そこで、成功したのがコレ

  1. 子供の口にコップで水を含ませ、顔を直角に倒して天井を向かせる。
  2. 子供に目をゆっくり閉じさ背、子供の「鼻をつまんで」薬を口の上あご側に入れる。
  3. 「かばさんゴックンしようね~」と声をかけ、「ゴックン」で飲むよう指示。(コツ・・・・子供の鼻は全部飲み終わるまで絶対離さない事)
  4. うまくできたら、めちゃめちゃ 褒めまくる。ハイタッチ等

おかげで、100発100中飲めるようになり、本人も自信がついたようです(嬉)

早く中耳炎を治して また一緒にプールで泳ぎたいです。

| コメント (0)

電話作戦

8月30日は衆議院選挙ということで、だんだん周囲が熱くなってきました。

こちらの選挙区も接戦だといわれていますが、ふたをあけるとどのようなことになっているのでしょうか。

今週から、女性スタッフには電話作戦の動員がかかり、仕事が終わってから1時間、後援会事務所で後援会名簿をもとに電話をかけることに。

お盆も明けたばかりだというのに、なんと6日間もせんなんのです!

お盆ボケしている暇がありません(笑)

電話用レジュメには 在宅時用、留守電用、反応チェック欄、批判を受けた場合の受け答え例なんてのもあり。回を重ねるごとに きめこまかい対応を求められている。

電話をかけると、慣れた相手であれば応援してくださったり、それなりに聞いてくださったりするのですが、なかには 無言だったり、プツッっときられたり。

今回かけたおうちはみなさん よい感じでした。チェックは○で(笑)

電話を受ける側としては、選挙期間、ある意味迷惑で、大変だと思いますが、あと10日、みんなの代表をきめる大切な選挙ですから よく知り、よく考えて1票を投じてほしいものだと思います。

| コメント (2)

夏日

今日は日中、気温が34度と とても暑い日でしたね。

街路樹の落ち葉が カラカラと音をたて、風でたっていきました。

午後から運送屋さんが汗水たらしてダンボールを10箱分

荷物を会社の2階まで運んでくださったので

お仕事の終わり際に、そ~っと冷たい紙パックのお茶を差し入れ。

とても喜んでらっしゃいました。(^ー^)

こんな暑い中、太陽に照りつけられる外仕事や、車の運転は大変ですね。

みなさん ごくろうさまです

Img_0473

| コメント (2)

ビーちゃん参上

Img_0707 チワワの ワラビ

通称 ビーちゃん

ぼくも出して~ 

って ご主人さんのあとをおっかけてましたよ。

ちなみに 我が家に犬用サークルはありません。

おばあちゃんが納屋からストーブ用のおりを出してきて、ビーちゃんように 囲っていました。

| コメント (2)

科学博物館で

今日は富山市科学博物館へ行ってきました。

ここの目玉は、動く恐竜 ティラノサウルスの模型と、プラネタリウム。

また、すべての展示漫画でわかりやすく説明があり、いろんな体験もできるので

小中学生の子供たちに人気があります。(でも、2回いけば充分かな~)

ティラノサウスルスは タッチセンサーに手をかざすと、頭上から恐竜がそ~っと近付き

大きな口で挨拶をします  

・・・・・・・・ 「ガオー!!!!!!」って

すると 子供が

・・・・・・・・ 「キャー!!!」

ここは 怖がりだけど恐竜がみたい という子供がたちが右往左往するスポット。

暑い夏に、プラネタリウムでヒンヤリ、恐竜でドッキリなんてのもいかがでしょうか

Img_0741_2  

| コメント (2)

ケーキ作り

おやつ作りが大好きな うちの天使ちゃんたち

クリームでデコレーションをしてと・・・・・・・

お手伝い進んでするなんて 成長したもんだと

ちょっと感心して その場を離れたら・・・・

「あ~んして!」・・・・・・って

お互いの口の中に クリームを入れあってるし。

まだまだ目が離せない2人でした。

| コメント (2)

こんにちわ チワワ

義妹夫妻が 飼ったばかりのチワワを連れてお里帰りに来ました。

ロングコートチワワ 生後3カ月。オス

なまえは  「ワラビ」

2人が 「ワラビ」にトイレを教えるため

「ワラビ、1,2」とトレーニングしている姿が 一生懸命で。かわいい。

夫婦で休日にペットショップ周りばかりしてたところ、珍しく胸にキュンとくる色の

チワワが店頭にならんでいて、店員さんに

「だっこしてみませんか~」

と言われ、抱っこしたのが最後、飼ってしまった。と言っていました。

ペットは家族の一員ですね。

かわいかったです。

Img_0699

| コメント (2)

まぼろしの新聞

桃のおじいさんに 今回の記念にと

幻の新聞を作ってプレゼントすることにしました。

みんなの感想を編集し・写真を差し込んで 完成。

作ってみて、的確な表現や思いを伝えることのむずかしさを感じました。

でも、読まれたときのことを思うと胸がワクワク。

ひとつの出会いが、またひとつの新しい出会いにつながることを 期待して。

楽しい夏の思い出がまたひとつ増えました。

Img_0671

| コメント (2)

桃狩り

先週、児童クラブで桃狩り体験をしました。

子供たちは初の桃狩りに大喜び。脚立にかわるがわる登り、両手で大事そうに桃を抱えては収穫作業を楽しんでいました。

桃のおじいさんありがとうございました。 Img_0666_3

| コメント (2)

Img_0566 子供たちが、ラジオ体操の帰り、桃のおじ

いさんのうちから 桃をいただいてきました

果物は甘いので よく虫がよってくると

いいますが、

我が家には

Img_0563

人 がよってきました。

皮がむきおわるまでの 待ち時間は

たまりませんね

果物 サイコーheart04heart04happy01

みなさんに感謝 

| コメント (2)

カメレオン

Img_0635_2

あんた、あさがおの葉っぱと同じ色になってますよ~

・・・・・・・・・・・・カメレオンみたいやわ~

| コメント (3)

カエル

にらめっこなら まけへんで~

Img_0634

| コメント (2)

セミ

庭に蝉の声が響く

梅雨が明け、「自分たちの出番だ」とでもいわんばかりに

枝に2,3匹 蝉が並ぶ

まるで信号待ちをしているかのよう

蝉は 精いっぱい生きているのだろう

ここにいるよ 力強くさけんでいるのだろう

力強く飛ぶんだよ

蝉のそばでは もう紅葉がはじまっている

Img_0631

| コメント (2)

雨上がりに こどもたちと 虹をみつけました。

虹が消えるまで ず~っとみました

Img_0620

| コメント (2)

明日晴れるかな

会社から帰り、車からおりたときみえる風景

明日の天気は どうかしら

Img_0626

| コメント (0)

石川ぶどう

おとなりは石川県のお友達から 美味しいブドウをいただきました。

粒が大きくって、糖度18度くらい・・・・(そんなのアリsign02)

一粒口に入れるたびに 幸せ~な気分

せっかくでしたので、

味しい時にたべてしまおうと、家族と、今度お世話になる桃のおじいさんや

お昼に会社のみんなで おすそわけ。

1箱のぶどうのおかげで、あちこちで「おいしいね。ありがとう」っていうみんなの

笑顔がみれ、かえって嬉しくなりました。

送ってくださったT家のみなさま ありがとうございましたheart04

Img_0628_4

| コメント (0)

要領は悪いけど

とっても恥ずかしいことだが、最近、自分の容量の悪さをつくづく感じる。

たとえば、昨日、職場のキャビネットのカギをかけ忘れて、また会社まで戻るとか

(→会社に電話して残っている人にかけてもらえばいい)、

いただきもののお菓子を配る時、いつもいない人がそこにいたらその人の分をあげて自分の分がなくなるとか、

(→自分の分を先によかしてから足りない分はそのままその課でわけるなり対応してもう)

帰り際、電話をとったら対応に追われ最後一人になるとか

(→電話は他の人にとってもらい自分はとらない) 

まわりの人に話してみたら、そんな時は( )の行動をするとのこと。

明らかに、ここ数年自分が道徳的に大切にしてきたことが、今は要領が悪く、時代とずれた考え方になってきているようだ。

そこでへこんでだけいても何の進歩もないのでリフレクション

自分にたりないもの・原因⇒対策

  • 暗黙知/物事の表面しかみれていない、単眼的⇒複眼的、多面的に物事をみる
  • 長いものにまかれる/強いものの力をわかっていない⇒人脈の効能を活かす
  • 自信のある振る舞い、強気な態度、断り/断られることが怖い、いい人になろうする⇒断る力も大事、いい人になる必要なし。自分の信念を通す

自分ができるようになりたいこと・途中経過

  • 自分をコントロールすること/うれしがりすぎず、悲しがり過ぎずを意識し、すこしずつ感情をコントロールできるようになってきた
  • 自分の意見をいう/いやなことがあったときは自分をだまし、笑ってすごすようにしていたが、考えを変え、いやな思いをした時は戦う
  • 考えて話す/これまでは、感じたままに言葉を発していたが、余計なひとことをいってしまうことがあるので、話すときは考えて話よう意識するようになった。
  • バランスよく/いつも心がけている

私の理想は、いつも自信をもちつつも、ゆったりとした気持ちで、まわりと協力しあい、よい言葉をかけあいながら、日々の喜びをみつけ、毎日過ごすこと。

きっとそうなる    そのようにしていきたいと思う 

| コメント (0)

やったね10m

今日は仕事が終わってから子供とプールへ水泳の練習に。

うちの子はまだ5メートルくらいしか泳げないが、今年の学年目標は自由泳法で25mとなっている。・・・・差は5倍(汗)

いつもだったら、プールでは子供がしたいことだけしていたのだけど、今日は「練習」をしようと、事前に初心者水泳の練習の仕方をネットで調べ頭にいれてみた。

今日とりくんだのは、「けのび」と「キック」の仕方。

口で言っても、ついてしまった癖はなかなかなおらないので、一緒に何回もやり、そのうち少し場をはずしてみたら、ひとりで夢中になって練習する姿がみられた(嬉)。

また、褒める時も「今、8メートルやったよ」「うわあ、今度10メートル進んだよ。すごいね」とて数値化して伝えてみたら、「また やる~!」「もう1回!」と主体的な姿勢が見えた。

認められることで、達成感を得ているのだろう

大人になると褒められることは少なくなり、自信をなくすことは多いが、子供と一緒に、学び、考え、成長する過程を味わえることは、また別の充実感がある。

25mに少しでも近づけるように、またプール一緒にいこうかな。次回が楽しみであるmist

| コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »