人前力

今日、NHKの「となりの子育て」という番組をみました。

テーマは「育てよう! 子どもが人前で話す力」・・・・略して「人前力」(ひとまえりょく)

 これまでの日本には“察する”という言葉があるとおり、人前で自分の考えを積極的に話す雰囲気はありませんでした。国際化が進む中、子どもたちには 今、人前で自分の考えを堂々と話す力が必要とされています。 

 でも発表できない、しても上手に言葉にできないという子供は多く、番組ではどのような方法をとればいいか ということを紹介していました。

 そこでやっていたのは ある学校の2つの取組みの紹介。

1)話す場を設ける
学校では朝礼での挨拶など人前で「話す機会」を作るそうです。子どもに、なるべく自分の言葉で自分で体系を作って話をさせる。人前で話す力は性格ではなく、訓練で伸びるものだそうです

2)話形を身につける
学校では「私は~と思います。なぜなら~だからです」といった、わかりやすく話すための型「話形」を教えているそうです。「そもそも」「~から見れば」「~を実現するためには」といった型を使って話す訓練をすることで、技術の取得が得られるそうです。

 また、子どもは親の話し方をまねするので 親も常々そういったしゃべり方をするとよいとのことでした。・・・・・・そんな言葉つかったことなかった(苦笑)

 

 そもそも、親の基本ができていないというのが子供が人前で話せない原因なのでしょう。私も 「人前ではなすこと」「わかりやすく体系だてて話すこと」がとても苦手です。

 最終的には 少人数でも、多くの人の前でも「相手にわかりやすく」「落ち着いて」「自分の意見を伝えられるようになりたい」。

 そう思った 番組視聴でした。・・・たまにはテレビもいいものやってるもんですね~。

2009_0530_122618img_0285_8  

| コメント (0)

目的と目標とは

この前、朝礼で聞いておもわずもっと聞きたくなった話。

ある会社はあたらしい取り組みをして注目を集めている。

その社長はとくに「目的」と「目標」の違いを大切にしているとこのと。

「目的」とは それをすることで生まれる価値

「目標」とは それを達成するため目指すもの、数値

目的と目標を明確にし、本来の「目的」を追及すれば、

おのずと結果はついてくる・・・・・・・shine

今の自分はどうだろう・・・。

今は「目的」があいまいになっているな。

なんとなく 過ごしている。・・・・・・・・もったいなく思う。

せっかくのGW.

「目的」を意識して 過ごしてみようっと。cherry

| コメント (0)

勉強とは

ダメな人がもっとも最短の方法で目的に向かい

成功を得る最高の方法

・・・・・・・・・・・最高か。それなら、やって結果を出してみたいよね

| コメント (0)

大人の時間とは

時間とは・・・・・・・・・限りある自己資産

天引き法で必要なものから行おう。

大人はやる気にふりまわされない。

目的に向け、計画をたて

「スケジュールは小学生の時間割を組むように」

こなそうsun

| コメント (0)

できた

とうとうできたよ

念願のブログ

2009年のお正月に紀伊国屋で「今年は本を読んで学ぼう!」と一念発起

両手にもって悩んだこの2冊

「オバマの選挙演説CD」

「勝間和代さんの 起きていることはすべて正しい」

そして、選んだのは「勝間和代さん」

あの決断した時間があったからこそ、その後

「お金は銀行に預けるな」「利益の方程式」「人生の最大の戦略マニュアル」

と読み進め、

現在かばんの中にあるのは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「断る力」

・・・・・・・勝間力 5%くらいついたかな(笑)

おもうに、名前が「勝」で 持っていても縁起がいい。

・・・・・・もっているだけでは もちろん力はつかないが(笑)

でも、こうして今1歩 踏み出せた。

2009年暮れには いい年だった といえるように

戦略立てて すすみます。

まずは、一歩

自分に 拍手heart04

| コメント (0)